『白楽はとっても生きづらい』

~とある駆け出しチェンジメーカーの奮闘記~

クラウドファンディングが予期せぬ形で目標金額を達成した

f:id:shiraku:20170618101418j:plain

先日、「クラウドファンディング中間報告」という記事を書いた。あと2週間で58,000円の支援が必要という状況で、うーん、厳しいかな~、Web広告を出してみよう!などということを書いていたのだが、翌日、その瞬間は唐突に訪れた。

リターンを購入して頂くとReadyforさんからお知らせメールが来るのだが、気になるのでプロジェクトが始まってからは四六時中メールチェックばかりしている。一昨日の夜、もう寝ようと布団に入ったものの、やっぱり気になるのでスマホで最後のメールチェックをしてみると、リターンが購入されたとのメールが。やった~。しかし、そのメールの直後に「プロジェクト達成おめでとうございます!」というタイトルのメールが来ていて、「へ?」となる。「いやいや、まだ58,000円もあるんだけど…。」と思いながらそのメールを開くと、購入されたリターン内容の欄に「100,000円」とあった。

Oh my goodness!
(※メジャーリーグの実況者風に)

感謝よりも驚きや戸惑いといった感情の方が先に訪れた。な、なんて豪快な決勝弾なんだ。確かに100,000円枠のリターンを用意したのは自分だけど、まさか購入してくれる人が現れるなんて。ありがとうございます~、本当にありがとうございます~。そんな訳で、プロジェクト成立~!(∩´∀`)∩

その後、どうにか冷静さを取り戻した私は、シャットダウンさせたばかりのPCを再び起動させ、すぐさまWeb広告をストップさせましたとさ。

ちなみに、まだ掲載期間は2週間弱残っているので、ネクストゴールというのを設定して、支援の募集を続けてみようかなと。目標金額を上回った分は、これからナレッジベースにナレッジを提供して下さる当事者の人達に謝礼として渡せるようにできればなと。週明けにReadyforの担当者の方に相談してみよっと。

readyfor.jp